パーカータイプの作業服が適した作業現場の詳細や上手な扱い方について

2020-02-18

作業服には飾り気がない実用的な衣服というイメージがあります。そのような作業服も多い一方、価値観の多様化によってカジュアルウェアにも転用できるほどのおしゃれな物も少なくありません。パーカーのようなフード付きの作業服も利便性の高さから広く普及しています。

パーカータイプの作業服の特徴や扱う際の注意点について学びましょう。

『作業服に適した長袖シャツの選び方やお手入れの方法』

パーカータイプの作業服は任意のタイミングで頭部を汚れや寒さから守ることができる

作業服のデザインは様々ですが、中でもフードが付いているパーカータイプの作業服は頭部の保護を目的としているのが特徴です。鋭利な物や落下物で頭を強打する危険のある作業現場ではヘルメットの使用が最適ですが、ヘルメットは強い衝撃から頭を守るための物です。

水濡れや汚れなど、危険ではないものの仕事に支障をきたすトラブルの予防には適していません。その点、パーカータイプの作業服ならフードを被ることで頭部をカバーすることができます。少量の水しぶきや塗料、粉塵などの汚れが頭部に付着するのを防ぐならパーカータイプの作業服が最適です。

製品によってはフード部分の着脱が可能な物や、背中に収納スペースが設けられている物があります。フード部分が引っかかるなどのトラブルを避けることができるので、安全に作業を行いながら頭部をカバーすることが可能です。

保護キャップなどを別に用意する必要がないので作業の効率化にも繋がります。

パーカータイプの作業服が適している作業現場や注意点の詳細

パーカータイプの作業服は冷蔵倉庫や水産加工場などの作業に適していると言えます。また、埃などの細かい汚れが飛散する場所での清掃作業でもフード付きの作業服は重宝すると言えるでしょう。フードを被ることによって水濡れや汚れのトラブルが起きにくくなり、作業に集中できます。

その一方でフードを被ると視界が狭くなる欠点もあるので注意しなければいけません。フードのサイズによっては正面以外がほとんど見えなくなることもあるので、車両の行き来が激しい所や機械を操作する所では思わぬ危険に遭遇するおそれがあります。

また、フードを被ると耳が塞がれる形になるので音が聞こえにくくなることも無視できない問題です。機械のアラームなどを聞き逃してしまう事態も十分にあり得ます。フードを被る際はサイズの調整を事前に済ませる他、最低限の時間内に留めるなどの工夫が欠かせません。

あくまでも頭部を軽微なトラブルから守るための付属物なので、被る際は周囲の状況を確認するのが事故を防ぐための必須条件と言えます。

購入する際の選び方と家庭でのお手入れ方法

作業服を購入する場合、価格やサイズはもちろん、生地の材質も重要な選択肢になります。特に火や薬品を使う現場では作業中の安全を確保することが何よりも重要です。生地の材質によっては燃えやすい物や薬品に弱い物があるので、価格やブランド名だけで即決せず、必ず生地の材質を確認したうえで慎重に判断します。

パーカータイプの作業服はそれに加えてフード部分の管理方法が大きなポイントです。安価な製品はフードがむき出しの状態になっている物が多く、そのまま着用すると引っかけや巻き込みなどのトラブルは避けられません。

普段着として着用するならともかく、作業現場では事故に繋がる可能性があるので不向きと言えます。安全に作業を行うためにはフードの着脱や収納ができる作業服を選ぶのが賢明です。フード部分に特殊な加工が施されているので、一般的なパーカーよりも割高な価格になっている物がほとんどですが、事故を避けるための手間賃と割り切る考え方が必要と言えるでしょう。

フードがむき出しになっていると危険なだけではなく、埃などの汚れが溜まってしまうので衛生管理の面からみても適切ではありません。汚れやすい環境で着用することが多い作業服であっても、できるだけ清潔に保つのが長く愛用するための秘訣と言えます。

汚れが付着したまま放置すると生地の変色が生じる他、汚れの成分で繊維が傷む可能性もあります。品質を損なわないためにもこまめな洗濯は欠かせません。販売されている作業服のほとんどは家庭用の洗濯機で洗うことができます。

パーカータイプの作業服も例外ではありませんが、生地の材質によって乾燥機が使用できません。また、生地が縮んだりシワができることもあるので、洗った後は十分に生地を伸ばしてから形を整え、風通しが良い日陰で乾かします。

フード部分が絡まりやすいので、着脱可能な物なら事前に外しておくのが賢明です。

通販サイトでパーカータイプの作業服を買う際の注意点

パーカータイプの作業服を購入する際はサイズ確認のために必ず試着を行います。作業服だけではなく、フードのサイズも着心地の良し悪しを左右するポイントなので確認を怠ってはいけません。作業服のサイズがぴったりでもフードが大きすぎて視界が遮られるケースは少なくありません。

特に海外製の作業服は大柄な外国人の体形に合わせた作りになっているため、フードを被ると頭どころか顔まで覆われてしまうこともあります。通販サイトでの購入は試着ができないので、パーカータイプの作業服を購入する際は口コミなどの評価確認は必須です。

海外製の衣類は表記されているサイズと実寸に開きがあることも珍しくないので、通販サイトを利用する際は十分に注意します。

通常のパーカーは生地が弱いので作業服には不向き

フード付きの作業服がないのでカジュアルウェアのパーカーを代用品にするのは危険です。普段着として売られているパーカーは作業服と比べると生地が弱く、少しの引っかけや摩擦で破れてしまうことがあります。

また、フードがむき出しになっている物がほとんどなので、引っかけや巻き込みのトラブルが起きやすいのも作業服として適さない理由です。通常のパーカーはあくまでも日常生活の中で着用する衣類なので、過酷な環境での着用を前提とした作業服の代わりにはなりません。

パーカータイプの作業服が入手できるまでは帽子を被る、タオルを巻きつけるなどの方法で頭部をカバーするのが無難な対処法と言えるでしょう。

フードの特徴を活かした着こなしが重要なポイント

パーカータイプの作業服はフードの活かし方が着こなしの良し悪しを決めると言っても過言ではありません。頭部を汚れや寒さ、水濡れから守る際には非常に便利です。その一方で引っかけや巻き込みなどのトラブルに遭いやすいため、フード部分の安全性を確保する必要があります。

また、こまめに洗濯を行って綺麗にすることも長く愛用する条件のひとつです。